類聚メモ帳PART2

るいじゅうめもちょう(移転しました。)※移転したため、記事内のリンクにリンク切れがあります。ご了承ください。

千葉県

本興寺の津波供養碑(長生村)【後編】

さて、目的の元禄地震の津波供養碑は境内西側に広がる墓地の一角、ちょうど子院の蓮華院と向かい合う道に面した場所に建っていた。 元禄地震は江戸時代の元禄16年(1703)11月23日未明発生した地震で、地震の規模を示すマグニチュードは推定で7.9〜8.2。震源は…

本興寺の津波供養碑(長生村)【前編】

出張で千葉県の外房の方に行ってきた。その帰り道、以前から気になっていたものがあるお寺によってみた。それは千葉県長生郡長生村は一松(ひとつまつ)集落所在の本興寺にある津波供養碑である。 これは元禄16年(1703)11月23日夜に発生した元禄地震による津…

成田空港へ行ってきた2

前回の続き。 そう言えば、むかし学校では成田空港のことを「新東京国際空港」と習いましたが、このたび民営化され、「成田国際空港」が正式な名称となりました。 成田空港は建設の経緯から暗いイメージがありますが、旅客数と貨物の取り扱い量からすでに日…

成田空港に行ってきた1

もうだいぶ前のことですが、飛行機ウォッチングをしに成田空港へ行ってきました。成田行きは以前から計画していたのですが、予定していた日に雨が降ったので、この日に順延になっていたのです。 最寄りのランプから首都高速に乗り、船橋で友達をピックアップ…

房総半島へ行ってきた3(猟島と館山市沖ノ島)

鋸南町にはもう一つ有名な史跡があります。それは勝山集落の近くにある竜島にある頼朝上陸の碑です。治承4年(1180)8月、伊豆で挙兵した源頼朝は、現地の目代であった山木兼隆を討つことには成功しますが、その後、石橋山で平家方の大庭景親に敗れ、散り散り…

房総半島へ行ってきた2(保田妙本寺)

海鮮丼を食べた僕らは、道の駅に車を止めさせてもらい、歩き出します。 鋸南町は現在安房郡を構成する唯一の町となっています。房総半島の南部は近年の市町村合併で、だいたい鴨川と南房総にまとまってしまいました。鋸南町自体は小さな町で、海沿いにある保…

房総半島へ行ってきた1(東京湾アクアライン~道の駅きょなん)

ふとしたきっかけで仲間たちと千葉県に住んでいる友達の家を訪ねながら、ついでにドライブをしようということになりました。ところが途中で千葉に住んでいる友達が急に体調が悪いということで、目的がなくなり、ただ単に房総をドライブするだけになってしま…

宗吾霊堂へ行ってきた4

<ここまで> 宗吾霊堂へ行ってきた1 宗吾霊堂へ行ってきた2 宗吾霊堂へ行ってきた3 6時までは東京へ戻らなければならなかったので、宗吾霊堂を見た後は、宗吾参道駅へ戻り、京成線で帰りました。くたびれていたのですが、やってきた上野行きの特急はいっ…

宗吾霊堂へ行ってきた3

スピーカーで繰り返し案内している宗吾御一代記館の周辺は閑散としています。 入館料を見てみると、大人700円もします。高い! 相当興味がない以上、ちょっと入ってみる気はしない価格です。 200円とか300円だったら、入るかもしれませんが・・・ 結構強気な…

宗吾霊堂へ行ってきた2

ただ、宗吾参道の駅を降りると、すぐに石でできた道標やら、案内板みたいなものやらが立っており、道に迷うような心配はない・・・と思っていました。それで案内板に沿ってしばらく歩いていくと、すぐに写真の門が現れたので、ほどなく着くだろう・・・とは…

宗吾霊堂へ行ってきた1

千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館(歴博)で、現在開催中の「都市を描く-京都と江戸-第1部「洛中洛外図屏風と風俗画」」を見に行ってきました。正直言って歴博へ行くのは遠いですし、大儀です。そこで、ただ行くからにはただ歴博だけというのはもったい…